それって違法金利!?カードローンの金利はどのくらいが妥当!?

正しい登録を受けていない業者かも

2010年の法改正で規制が強化されたことにより、利息制限法を超える金利での貸し付けは行われなくなりました。以前は利息制限法を超えても、出資法を超えない範囲であれば行政罰は無く、そのことから殆どの金融業者が違法な利率で貸し付けを行っていました。いわゆるグレーゾーン金利です。
現在では、10万円未満については年20%、10万円以上100万円未満は年18%、100万円を超える金額については年15%を超える金利については無効になります。融資を申し込む際に金利の確認をしますが、借りた金額に対してこれ以上の金利が付く場合は違法になります。実際、正当な手続きで営業している業者ではこの利率を超える金利を設定することはありません。設定されている場合は業者の存在自体が違法であることも考えられます。

審査にはある程度手間をかけるべき

妥当な金利で融資を受けるには、自分の持っている属性を最大限に利用することが重要です。貸金業者の中には即日融資や審査の甘さを売りにしているところが多いですが、少しでも高いハードルを越えることが、妥当な金利でお金を借りるポイントになります。
例えば、信販会社や消費者金融よりも、銀行が行う個人向けの融資のほうが概して金利は低くなります。ただし審査には時間がかかり、定職があることの条件や年収の条件が厳しい特徴があります。しかし審査を通過すれば、利用限度額も高くなりますし、他社の借金をまとめて金利を下げる選択肢も生まれてきます。
お金が必要になる時期は、ある程度前もって予測できるはずです。時間をきっちりかけることで有利な条件を引き出しましょう。